トップ  >  社員インタビュー   >  高科大二郎

 

 

高科大二郎
アカウント・マネージャー

 

ただの“メッセンジャー”にならない。
「必要な情報を必要な相手に届ける」ことを心掛ける

アカウント・マネージャーとしての仕事内容は?

アカウント・マネージャーとして、PR戦略コンサルティングやメディア・アプローチをメインに、クライアントへのサービスをリードしています。具体的には、PRプランニング、メッセージの提案、プレスリリース作成、プレスイベントの企画からメディア対応のほか、企業SNSを通じたコミュニケーションプランの立案や運営も行っています。顧客は、エンタープライズIT、マーケティングソリューション、ソフトウェア、ゲームといった様々な企業・業種を担当させて頂いています。

入社4年目になった今でも、毎日様々なチャレンジがありますが、クライアントやメディアの方々に対して「今、何の情報を求めているのか」を意識して、常に社会や周りの情報をウォッチしながら、クライアントの広報ニーズや記者さんが求められていることを捉えた行動を心掛けています。

 

PR業界を決めた理由とPR業界の魅力は?

前職では食品メーカーの法務、人事、マーケティングを経験していたのですが、知人を通してPR業界を知り、それまで経験してきたことにつながる仕事だと思い、転職を決意しました。

PR業界の最大の魅力は、「決まりきったやり方や正解がないこと」だと思っています。発想や提案次第で、少しでもお客様の課題を解決できる可能性を秘めています。クライアントの製品や業界について理解するには難しいこともありますが、そこで調べたり、経験したり、体感したものが自分の糧となるので、それも大きな魅力ですね。


会社の雰囲気は?

社員同士でフランクに付き合うことができる雰囲気が、ホフマンの魅力だと思います。年齢・肩書に関係なく、個人のアイディア・意見を真摯に聞いてもらえます。仕事の枠を超えてプライベートな話もできる社員ばかりなので、常に気持ち的にも明るく働くことができます。そういった雰囲気があるのは、社長をはじめとしたシニアメンバーの方々が、自由にやらせてもらえる基盤を作っているからだと感じますね。


今まででやりがいを感じたエピソードは?

以前、クライアントの方からは「広報サポートに入ってもらえたことで、部の目標が達成できました」というお言葉を、メディアの方からは「高科さんはメディアに近い立ち位置で動いてくれるので、非常にありがたい」というお言葉をいただいたことがあります。様々なクライアントやメディアの方々とのお付き合いの中で、時間に追われてしまうこともありますが、そういった言葉をかけてもらえると本当に嬉しいですし、やりがいを感じます。

また、この仕事を通じて、様々な経歴をお持ちの方と接する機会が増えるので、必然的に口が上手く回るようになりました(笑)。このコミュニケーション術は、ビジネスにおいても私生活においても確実に活かせるものなので、そのときにも「この仕事をしていて良かった」と実感します